backtotop

Categories: その他

おまとめローンを利用したいと考えている方の中には「複数の返済先の返済が滞る前に早く!」「金利が低いうちに早く!」契約をしたいと自分に有利で少しでも早く利用できる金融機関を探している方もいるでしょう。
しかし、おまとめローンに即日利用が可能な金融機関があるのでしょうか。
実際に、金融機関のおまとめローンを見比べてみると、消費者金融のおまとめローン 審査に「最短30分」「最短1日で融資」と提示されているところもあり、即日利用も不可能ではないということがわかります。
また、数ある金融機関の中から、即日融資可能なおまとめローンを探すよりも効率のよい方法があります。
それは、現在借りている複数の金融機関から金利の一番低い金融機関を選び、その金融機関のおまとめローンへ借金を移すという方法です。
多くの方が、カードローンで借金をしている金融機関でおまとめローンを契約することはできないと思いがちですが、探している金融機関が現在借金をしている金融機関と比較しても金利が同レベルであるという場合、おまとめローンで即日融資を望むのであれば、契約中の金融機関の中からおまとめローンに再度契約を行うという方法がベストと言えるでしょう。
それは、既に一度、時間をかけて書類をそろえ、その上で、審査を受けて契約をしていること。
また、ローンを組み、きちんと返済しているという信用を得ている金融機関であることから、金融機関側にも審査にかける時間が少なくて済むという理由があるからです。
ですから、はじめから、そのようなことはできないだろうと諦める前に、現在契約を続行している金融機関の中から一社を選び出し、即日融資可能かという確認も含めて一度、窓口やサポートセンターで相談してみることをおすすめします。
即日でのおまとめローン契約を希望しているのであれば、同じ金融機関で、再度おまとめローンを契約するという方法も一つの手段として選択に入れておくことです。

おまとめローンを即日で利用する場合の利点と注意点

即日融資の利点は、例えば、利用するおまとめローンが変動金利の商品で、契約時の金利が市場の状況によって低くなったというような時です。 
固定金利では年17%であるのに対して、変動金利では年13%といったケースもあるでしょう。
とは言え、1日2日程度で、市場経済が大きく変動してしまうかと言えば、そうとも限りません。
また、そもそも、おまとめローンのメリットは、複数の金融機関からの借金を一つにまとめることで今ある借金の整理をし、返済しやすくすることと、今借りている金融機関から金利の低い金融機関でおまとめをすることによって、総返済額も抑えるということにあります。
ですから、例えば、金利の低い銀行カードローンの借金を金利が高い消費者金融のおまとめローンでまとめるメリットはありませんし、現在借りている金融機関の金利が、おまとめをしようとしている金融機関より高いから、即日契約を取り交わしたいという場合でも、返済期間を比較してみれば、即日融資を優先するよりも、少し時間をかけて金利の低いおまとめローンを探した方が、金利の低さが長期にわたって働くことになり、総返金額を見ると有利になることもあります。
いくら早く融資を受けることができるといっても、その点には十分に注意しなければなりません。
上記のように、即日でおまとめローンを利用する利点は確かにありますが、完済までの長期的な返済と返済総額を考慮の上で、どの方法が一番自分にとってベストな方法なのかを選択することをおすすめします。

おまとめローンの契約に保証人が必要なのはなぜ?

おまとめローンの契約案内を確認すると、『無担保』そして『保証人なし』という記載を確認出来ます。
今の世の中、好き好んで保証人になる人は少なく、家族や親戚関係ですら大きなリスクを負うことになります。
その結果、どんなにお願いしても保証人になってもらえず、途方にくれる場合もあります。
しかし、おまとめローンやカードローンの場合は無担保かつ保証人なしで契約することができ、代わりに保証会社が契約者の保証を行います。
では、何故、保証会社が契約者の債務超過というリスクを考えてでも、保証人不要とするのかは金利に保証料が含まれることです。
つまり、保証会社の保証とは生命保険や自動車の任意保険と同様に万が一に備えたものであり、契約者が返済不能とならない限り、保証料全てが収益となります。
そもそも、保険会社だって人間は怪我をする、病気になるといったリスクがあるのに対し保険支払を行いますし、自動車保険も多額に賠償金を支払います。
それでも保証事業が成り立つのは、圧倒的に問題のない場合が多いからです。
そのため、おまとめローンの保証事業も同様であり、契約者が多ければ収益が確保できることとなります。
実際のところ、おまとめローンの金額と生命保険や自動車保険の支払額を比較するとおまとめローンの保証の方がリスクが低いとも言えます。
つまり、保証会社がつくことで返済能力に問題の無い人から手数料を取れるというメリットがあるため、保証人不要と謳うことが出来ます。


Comments

There are no Comments

Leave a Comment:

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です